霞ヶ浦分院&廃鉄工所

元々は航空隊の司令部だった土地。
終戦後の昭和21年から結核療養の施設として
東京医科歯科大学病院霞ヶ浦分院になる。
恐らく航空隊司令部時代の建物を再利用。
平成9年まで霞ヶ浦分院として利用されていた。
国立科学博物館としての利用が計画されているらしい。

建物正面入り口前のフェンスにぽっかり穴がありそこから進入可能。
入り口の錠前は壊されていた。
やまざんさん 2012年03月15日 07時45分
スポット名 霞ヶ浦分院&廃鉄工所
ジャンル 廃屋  病院 
住所 茨城県稲敷郡美浦村大山2833
行き方 稲敷郡美浦村大山。
県道122号大山江戸崎線の終点。
ゲートの手前を右折、突き当たりを左折してすぐのところに「記念碑・元鹿島海軍航空隊の跡」と航空隊時代の倉庫が残っている。その先を右折して道なりに進むと南側の滑走路へ出る。さらに奥に進むと東側滑走路がある。
2012年3月現在、舗装工事等により
道が変化している可能性あり。
最寄り駅

このスポットの肝試し報告

肝試し報告はありません。