ホワイトハウス

ホワイトハウスと呼ばれるこの建物は、一見普通の一軒家です。
しかし二階の窓にはすべて鉄格子が付けられていて、なんだか不気味な雰囲気を醸し出しています。

この家は、昔、外交官の一家が東京から引っ越しをしてきて住んでいた家でした。
その家族の娘が精神病にかかっていて、その治療のためにこのような片田舎に来て、家政婦とともにひっそりと暮らし始めたのでした。
しかし彼女の精神病は酷くなる一方で、とうとう彼女は二階に隔離されて閉じ込められてしまいました。
鉄格子もその時に付けられたものです。
ある日、彼女は隙を見て部屋を抜けだし、父親の猟銃を持ちだし、一家全員を射殺してしまいました。
家政婦も打たれたのですが、何とか家を逃げ出しました。
しかし近くのトンネルでとうとう息絶えてしまったということです。

その後、主を失った洋館の廃墟には、夜な夜な少女の幽霊が目撃されるようになったということです。

また、ホワイトハウスに向かう直前に通るトンネルで、
視線を感じる、
誰かの声がする、
などといろいろな霊体験の証言がされています。

ホワイトハウスの2階部分には、階段が外されてしまっているためいけなくなっていますが、一つだけ鉄格子の付いていない窓もあるようで、外部からの進入も不可能ではないようです。

しかし入ると不法侵入で捕まってしまうという事なので、気を付けてください。
肝試し.netさん 2009年09月25日 17時56分
スポット名 ホワイトハウス
ジャンル 廃屋 
住所 新潟県西蒲原郡巻町角田浜3
行き方 角田浜に向かう越後七浦シーサイドラインを直進します。
角田岬灯台に着く前の途中トンネル2つ越えます。
2つ目のトンネルを抜けた右側に見えるのが、ホワイトハウスです。
最寄り駅
  • 新潟県 JR越後線 巻 7230m
  • 新潟県 JR越後線 越後曽根 7960m
  • 新潟県 JR越後線 越後赤塚 8150m

このスポットの肝試し報告

肝試し報告はありません。