花魁淵

武田氏滅亡の時代、武田氏の隠し金山と言われていたこの金山も閉山となりました。この時金山の秘密を知る遊女たちを口封じのために殺害する計画が立てられました。
そのため五十五人の花魁たちを柳沢川の上に吊った宴台の上で舞わせ、舞っている間に藤蔓を切って宴台もろとも花魁たちを淵に沈めたと言い伝えられています。
一説には女性が現地に行くと特に危ないと言われています。
悲劇があったのは、銚子滝よりも更に上流のゴリョウ滝の辺りであったとされ、現場には小さな碑が残されています。
また下流の丹波山村には、この際の花魁たちの遺体を引き上げてお堂を建てて供養したとされる言い伝えが残っていますが、このお堂は現存していません。

以上の概要は現地に建てられた塩山市観光協会による看板に書かれています。

肝試し.netさん 2009年09月17日 12時25分
スポット名 花魁淵
ジャンル    
住所 山梨県塩山市上萩原2670
行き方 国道411号線(青梅街道)沿いにある史跡。
甲州市と北都留郡丹波山村の境にあり、銚子滝とも呼ぶ。
渓流釣りや山菜採りなどのスポットとしても有名で、特に新緑の頃と紅葉の時期には絶好の観光地である。
この地域は、地質的な性質から多数の金山が存在し、閉山した現在でも川沿いでは砂金などが採取されることもあるという。
最寄り駅
恐怖度 2.0
パニック度 1.0
出そうな雰囲気度 3.0
危険度 2.0